Sphere System Consulting ltd. スフィアシステムコンサルティング株式会社

よくあるご質問

  1. Q1 コンサルティング料金の根拠は?

    A 当社が提供できる価値から料金を算出しております。システム導入には多額の投資が必要となりますが、真の導入効果を得るための保険となりうるかご判断ください。また、コンサルティング内容と同様の効果を得るためには経済産業省の唱える「高度IT人材」に該当する、または、実務の伴う専門スキルを持った人材の登用が必要となります。人件費に換算しての投資対効果もご判断ください。

  2. Q2 どのような業種向けのシステムコンサルティングでしょうか?

    A 今やITを業務に利用していない業種はありませんので、いかなる業種にも対応可能です。特にパッケージソフトでの運用に支障があり、システムをカスタマイズしている、もしくは独自に作り上げている場合は高い効果を発揮します。

  3. Q3 システムのことは担当に任せています。担当のみがコンサルティング対象者でしょうか?

    A ほとんどすべてのコンサルティングステップにおいて、経営者・事業責任者が対象となります。ご理解ください。

  4. Q4 当社には情報システム部門がありません。問題はありますか?

    A 情報システム部の有無は問題ございません。情報システム部の主な役割は社内システムの保守運営ですが、当社コンサルティングはシステム導入の仕組みの構築を行います。役割が違うものですのでご安心ください。

  5. Q5 システム開発をお願いできますか?

    A 当社ではシステム開発は請け負っておりません。貴社が別途システム開発パートナー会社と契約を結んで頂きます。

  6. Q6 今のところ直近でシステムを更改する予定はありません。コンサルティングを受けるメリットはありますか?

    A 経営戦略を実現するためのシステムという観点から次期システムの構想を創る「導入パッケージ」を推奨いたします。または、現状を正しく知っていただくために、お気軽に「システム診断パッケージ」をご利用ください。

  7. Q7 システムを開発するパートナー企業とはどんな企業を指しますか?

    A 貴社と直接契約し、システム開発作業を請け負う企業です。目的を同じくするチームであり、フィフティフィフティの対等な関係であることから「パートナー」と命名しています。当社がシステム化検討内容から判断し、パートナー企業候補をご紹介させて頂くことがありますが、当社は一切の仲介手数料を頂きません。当社は中立の立場ですのでご安心ください。

  8. Q8 現在使っているシステムの発注先に対し、特に不満はありません。新システムでも同じ発注先を使う予定ですが、問題はありますか?

    A 問題ありません。ただし、新システムが経営戦略実現に見合うものであり、開発可能体制であることや、客観的に見て適正な選択である必要があります。

その他、ご質問等は こちら からお問い合わせください。