Sphere System Consulting ltd. スフィアシステムコンサルティング株式会社

Vol.128 ITプロジェクトチームを「One Team」に変える

 コラム

ITプロジェクトチームを「One Team」に変える

 

ITプロジェクトは、ほとんどの場合、発注側の自社と受注側のITベンダーがおり、異なる会社による混合チームとなります。これを、発注側とITベンダーでそれぞれ別に考えてしまうから上手くいかなくなります。

 

発注側はITベンダーに丸投げしたり、できるだけ安い値段で買い叩こうとします。ITベンダーは自分たちだけでプロジェクトをなんとかできるものと勘違いしたり、利益を得たいがために顧客である発注側の言いなりになって迷走したりします。

 

こうした行為は、発注側とITベンダーの立場は違えども、両社はITプロジェクトを成功させるためのひとつのチームだということを忘れてしまっています。

 

それぞれ立場が違う混合チームを、「One Team」にすることがITプロジェクトの大前提です。

 

発注側にとってのITプロジェクトは、業務改革が付随します。
大規模な業務改革とまではいかなくても、システムの導入で業務プロセスが変わることは間違いないので、何らかの変化を受け入れることは必須となります。
そして、必ず単一部門だけで済む問題とはなりません。例えば、販売在庫系に関するシステム導入だとしても、該当の業務部門だけでなく財務系部門にも大きく影響します。

 

このように、自社という狭い範囲でみても部門間調整などでひとつのチームになることが必要です。これだけでなく、自社とITベンダーという広い範囲で考えても同様にひとつのチームになる必要があります。なぜなら、他社であっても目的が同じプロジェクトの構成メンバーだからです。

 

ITプロジェクトは自社だけで「One Team」にはなりえません。

チームをひとつにまとめる重要性を理解できたとしても、チームの定義を間違えると大変なことになります。

 

自社の範囲内でしか「One Team」を築けないとしたら、視野が狭く大局観を欠いています。相手を同じチームの仲間だと認識していないから、安く買い叩いたり、無理難題を押し付けたり、丸投げしたりしてしまうのです。発注側もITベンダー側も、自分たちだけが美味しい思いをすれば良いという考えでは成功はありえません。

 

ITプロジェクトを一つにまとめ、ITプロジェクトに求心力を持たせるためにはITベンダーの出方を伺うのではなく、自ら動く事が求められます。
発注側がITプロジェクトチームを自分たちで一つにまとめることを意識すれば、成功は見えてきます。