Sphere System Consulting ltd. スフィアシステムコンサルティング株式会社

Vol.86 ITプロジェクトにおける専門性の誤解とは?

 コラム

ITプロジェクトにおける専門性の誤解とは?

 

なぜ発注側企業がITプロジェクトを丸投げしてしまうのか?
このテーマを考える際には丸投げの原因となる「専門性の誤解」を解く必要があります。言葉だけで考えれば「専門家に任せたら成功する」ことは間違いありません。しかし、ITプロジェクトの場合、専門家とは一体誰の事なのかをまず最初に明らかにしなければなりません。

 

一般的にはシステムを開発してくれるITベンダー企業が専門家であると思われがちですが果たして本当にそうなのでしょうか。
現実を見ると、ITベンダー企業に丸投げした結果失敗するプロジェクトが後を絶たない状況ですから、ITベンダー企業に対して「専門家に任せたら成功する」のは間違いということになります。

 

ITプロジェクトで「専門家に任せたら成功する」が通用しないのは、ITプロジェクトにおける「専門性」について理解ができていないからです。

 

確かにITベンダー企業は専門家ですが、ITの分野での専門家であって、システム導入全体を考えた場合では足りない部分があります。足りないのは発注側企業が持つ「専門性」です。

 

ITプロジェクトの特徴は「専門性の融合」にあります。
ITの分野の専門性と自社の業務の専門性、これら異なる2つの専門性の融合が必要なため、ITの分野の専門性だけを持つITベンダー企業に丸投げしても失敗する原因となっています。

 

この「専門性が分れている状態」が、結局のところ、責任の所在をあいまいにしています。言い換えれば、リーダーシップの所在がわからなくなっているとも言えます。

 

しかし、冷静に考えればわかる事ですが、プロジェクトの推進はシステムの発注側企業がすべきことです。ITに関係のない社内プロジェクトは積極的に関わるのに、ITプロジェクトとなるとITベンダー企業に丸投げしてしまうのは「専門性の誤解」でしかありません。

 

専門性の融合をするためには発注側と受注側の協力体制が必要ですから、丸投げなどありえません。

 

丸投げやリーダーシップの不在は、本当に必要なシステム開発かどうかの判断を誤らせます。現場が必要だと言っている機能は、本当はどうしても必要なのではなく、何となく便利だから付け足してもらおう程度のものかもしれません。

 

丸投げやリーダーシップの不在はこれを見抜けません。見抜けないから、大して重要でないことに労力を割き、無駄なエネルギーを消費して疲弊するプロジェクトになります。

 

こうした無駄なエネルギーを消費してしまうプロジェクトに対し、プロジェクトマネジメントだけのアプローチでは対応不可能です。プロジェクトマネジメント以前の「在り方」に起因する問題なので根幹に関わります。

 

これまで失敗するITプロジェクトを数多く見てきましたが、失敗の根幹にあるのは、発注側が専門性に対する誤解をしている場合がほとんどです。誤解が根底にあるから、ITベンダー企業に丸投げしてしまい、失敗します。

 

特に経営者と発注側のプロジェクトマネージャーがこの誤解を持ったままだと、失敗はもちろん失敗の原因すら突き止められず、次も同じ失敗を繰り返します。

 

ITプロジェクトに対する正しい情報を持つことが解決する第一歩となります。
「専門家に任せたら成功する」ことの意味、「専門性」とは何か、再度見直す必要があります。